実施場所
性別 タイプ
年齢

コラム

  • 豆知識

2021/05/07

治験バイト、合格率をあげるコツ

今ではダントツ人気の治験バイト

新型コロナ禍によってパートやアルバイトが縮小する中、ふだんと変わらず治験は数多く実施されており、学歴や経験、スキルも問われないところから人気は上昇の一途。とりわけ、比較的簡単な仕事内容で高額の収入を短期間で得られることが、大きな魅力となっているようです

治験バイトの流れ

治験バイトの流れは以下のようになります。

<モニター登録→治験に応募(申し込み)→予約→試験説明→事前検診→適格者のみ治験に参加→負担軽減費(協力費)の支払い>

治験に参加するためには、治験専用のサイトに応募(会員登録・モニター登録)する必要があります。登録したサイトが紹介する治験情報を閲覧・検討し、ご自分にあったものに応募しましょう。
ただし、モニター登録をすれば、誰もが好みの治験に参加できるわけではありません。医薬品を摂取して安全性・効果などを確かめる治験には、人に及ぼす影響が少なからずあります。そのため、各治験に付けられているさまざまな条件と事前検診をクリアして、はじめて治験バイトに参加できるのです。

治験バイトに採用されるためには

条件をよく確かめて、可能なものを選ぶ

治験の内容(くすり候補)によって身長や体重、性別、年齢など、それぞれ提示される条件は異なります。
また3段階ある治験のステージによって、健康な成人が求められたり、反対に患者であることが条件だったりします。
さらに、治験に参加する中で課せられる禁酒・禁煙、外出禁止、日常の行動や食事時間の決まりなど、さまざまな制限や条件も提示されます。しっかりと検討して応募するようにしましょう。(喫煙・飲酒などの規制・・・治験はきちんとした管理体制のもとに実施されるため、参加期間中は禁煙・禁酒が条件となることはよくあります。ただ、喫煙者や飲酒歴の長い人などを対象とした試験などもあります)

事前検診にパスすることが第一歩
高額の負担軽減費が魅力の治験バイト。採用までには、事前検診という関門があります。事前検診を確実にクリアするために、押さえておくべきコツをお知らせします。

事前検診の内容は、主に血液検査、尿検査、身体測定、問診などです。
事前検診では、とくに血液検査の結果が重視されているため、影響の出やすい食事内容に気をつけておくと安心です。
事前検診の遅くとも1週間ほど前から、糖質の多い炭水化物(ごはん、麺類)、塩分が気になるラーメン、脂肪部分の多い肉料理、揚げ物などは控えるようにします。野菜やヨーグルトを毎日食べる、就寝2時間前までに食事を終える、薄味の和食を摂る、などを心がけるといいでしょう。

また事前検診前日に関しては「○○時以降は絶食、水分のみを摂取」と言われることが多いようです。
この場合、清涼飲料水や炭酸飲料、レモン水、○○紅茶といったものを飲まないように注意してください。こうした飲料には糖質(砂糖、果糖など)が多く含まれているため、尿検査の結果に影響が出ることがあります。
検診前日にお酒を飲む人はいないでしょうが、注意したいのはノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)など。お酒ではないからと、うっかり飲むことがあるかもしれませんが、ノンアルビールにはホップ、麦芽、カラメル色素、ビタミンC、甘味料などが含まれています。必ず水か麦茶などにしましょう。

1週間程度の我慢と心がけで、事前検診はたいていクリアできます。治験バイトでがっちり稼いでください。